昼寝枕

この記事は約2分で読めます。

昼食後って眠くないですか?

眠い時に仕事をしても効率が良くないので、
昼寝を積極的に行っています(^^)

 

ただし、時間と方法には気を付けています。

まず昼寝の時間については、私の場合15分が最適ですね。

 

実験として、5分・10分・15分・・・60分とタイマーを
使用し、数か月かけて、5分単位で調整してみました。

 

爽快感・効率性・コスパ・満足度等を総合的に判断した結果、
15分にたどり着きました。

 

逆に、30分以上の昼寝は、頭がぼ~っとする感じがするので、
あまりおすすめしません。

 

昼寝のおすすめ時間は、10~20分ですね。

 

日々のルーティーンとして昼寝をしていますが、
寝すぎないようにタイマーをセットしています。

 

次に方法については、デスクでうつぶせに昼寝をするのが
おすすめです。

 

まちがっても、ベッドやソファ等で横にならないように
しています。

本気寝になってしまい、起きれない可能性が高いからです。

 

15分間、デスクでうつぶせになって昼寝をするように
なってからは、午後の眠気や疲れも減り、効率的に
仕事や作業ができるようになりましたね!

 

昼寝枕は何回か買い替えて、今はこれに落ち着きました。

低反発で程よい固さが心地いいのでおすすめですよ。

手がしびれず、顔に跡が残らず、呼吸が楽!

カバーが外せて洗えるのも大事なポイントですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました