パルスオキシメーター コロナ対策

この記事は約1分で読めます。

先日実家に帰省しました。

その時、父が指に何やらはめて測っていました。


聞いてみると酸素濃度を測っているとのこと。

酸素濃度???


少し調べてみると、その測定器の名前は、パルスオキシメーター
というらしいです。

パルスオキシメーターとは、皮膚の表面から動脈血液の
酸素飽和度を測定する機器のことです。

これです↓

父は高齢で肺機能が弱っています。

コロナ対策肺炎予防のため、医者からこの測定器を
すすめられたそうです。


ある一定数値以下になったら、医者に連絡するか受診を
受けるように言われているようです。

定期的に測定することで異常に気付きやすくなるようです。


へ~、そげんもんがあったんか~ 【岡山弁】
(へ~、そんな物があったのか)


パルスオキシメーターの使い方は簡単で、指にはさんで
スイッチオン!

たったこれだけです。


簡単そうだったので興味本位で測ってみると、正常値でした(^^)v

あなたも測定してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました