蚊取り線香 思い出

この記事は約1分で読めます。

蚊取り線香のにおいで思い出すことがあります・・・

まだ小さかった頃、夏休みになると、いとこの家に
よく泊まりに行っていました。

それはそれは楽しくて、連日遊んでいました!(^^)!

いとこの家は古風な感じで、風呂は何と「五右衛門風呂」!

寝るときは、最近ではめっきり見かけなくなった「蚊帳」!

「蚊が中にへ~らんように、はよ~へ~らんとおえんで」【岡山弁】
(蚊が中に入らないように、早く入らないといけないよ)

祖母がよく言っていたのを覚えています。

そんな蚊帳の中に潜り込む瞬間もまた良き思い出です。

蚊帳と一緒に覚えているのが、蚊取り線香のにおいです。

蚊取り線香

 

今は亡き祖母が、いつも準備してくれていました。

そのためかどうか、蚊取り線香のにおいをかぐと祖母を思い出すのです。


もう数十年も前のことなのに、鮮明に思い出すのは何でなんでしょうね。

何でだろう~♪ 何でだろう~♪


お盆の時期になると思い出すのは、きっと祖母が守護霊となって
いつも見守ってくれているからだと信じたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました