日焼け止め 塗り方

この記事は約1分で読めます。

日焼け止めの塗り方に正しい方法がある!

先日、某情報番組を見ていたら、そんな驚きの事実が
分かったので、ここに記載しておきます。

その番組内では、専門家が色々と説明をしていたのですが、
簡単に言うと以下のような感じです。

日焼け止めを手の平に少量出して、そこで広げてから顔や体に
スタンプを押すように塗るのです。


一番驚いたのが、日焼け止めをこするように塗るのではなく、
スタンプを押印するような感じで塗るのが正しい
ということでした!

日焼け止めを伸ばすように塗っていくと、効果が薄まり、
摩擦にもなってしまうから良くないとのことでした!


で~れ~おどれ~たんじゃ 【岡山弁】
(すごく驚いた)

今まではムラにならないように、肌の上で広げて伸ばしていましたが、
それが間違いだったとは・・・


日焼け止めは、こすらずにスタンプ塗り!


忘れんようにこけ~け~とくけんの~【岡山弁】
(忘れないように、ここに書いておく)

ほんじゃ~の~

コメント

タイトルとURLをコピーしました