認知症予防 間違い探し

この記事は約2分で読めます。

父は軽度の認知症と診断されています。

でも私からしたら、よく覚えていることが多いので診断が間違っているのではと思うこともあります(^-^;

例えば、もうすでに免許証は返納しているのですが、道路についてはかなり詳しく覚えています。

飲食店についても、どこそこの何々が美味しいとかもよく覚えています。

 

そんな父が最近はまっている(?)のが、間違い探しです。

介護認定を受けているので、デイサービスも利用しているのですが、そこで教えてもらったのがきっかけのようです。

 

間違い探しは、認知症予防や認知症の進行を遅らせる効果があるらしいですね。

間違い探しの本も購入していましたよ。

ぺんたと小春のめんどいまちがいさがし [ ペンギン飛行機製作所 ]

 

ぺんたと小春のめんどいまちがいさがし】という本です。

私も少しやってみたのですが、意外に難しい・・・(>_<)

↓こんな感じの問題がぎっしり詰まっている本です。

ぺんたと小春のめんどいまちがいさがし [ ペンギン飛行機製作所 ]

 

少し解いてみただけですが、かなり脳みそを使っている感がありましたね。

【ぺんたと小春のめんどいまちがいさがし】の本の口コミとしては、一つの問題に対して、間違っている箇所が圧倒的に多いということですね。

タイトルにある「めんどい」とは感じなかったですね。

 

難しすぎたら解くのが嫌になり、簡単すぎたらすぐ終わって面白くないですよね。

その匙加減が良いので、飽きずに続けられそうだと感じました。

 

父も飽きずにやっていたので嬉しかったです。

このまま認知症の進行が止まってくれたらいいな~と思う今日この頃です。

認知症予防だけでなく、お子さんやおうち時間が増えている人の暇つぶしにも最適かもしれませんね。

ぺんたと小春のめんどいまちがいさがし [ ペンギン飛行機製作所 ]

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました