火災保険 自然災害

この記事は約3分で読めます。

外壁 リフォーム」のページでも触れましたが、我が家の外壁が気になっています。

色々なリフォーム事例を調べていく過程で、また新たなことを知ったのでここに書いておきます。

 

それは、外壁や屋根の損傷で「火災保険」がおりるかもしれないということです。

火災保険は火災だけ、地震保険は地震だけにしか支払われないと勝手に思い込んでいました。

 

ちなみに、火災保険は火災だけでなく、落雷や風雨・ひょう・雪などの自然災害で被害に遭った時にも保険金が支払われるんですね。

普段あまり意識することも無く、興味もないので火災保険に加入後はそのままほったらかし状態です・・・

無知ってこわいですね~(^-^;

平均100~200万の保険金受け取り!!ただ、一般の方は知らないだけなんです!

 

戸建て・マンション・アパートを所有している方は必見です!

火災保険に加入していて築10年以上の物件を所有している方は、給付金が貰える可能性があります。

 

火災だけでなく自然災害も保険適用ということは、保険申請をして給付金を受け取るのは、火災保険加入者の当然の権利と言えますよね。

すぐわかるような大きな損傷だけでなく、近寄らないと見えない数ミリの傷が保険の対象になるなんて知ってました?

 

火災保険地震保険の請求漏れは明らかに損をしていますね。

ただ、火災保険の請求期限は災害や被害が起きてから「3年」のようです。

 

いつどのような損傷が起こったのか、そもそも火災保険金が貰えるのかどうか、はっきり言ってよくわかりません。

それを無料で調べてくれる【家調(いえちょう)】というサービスがあるんですよ。

 

損害保険適用のプロが、相談から建物損害調査・保険金受取完了まで安心安全・徹底的にサポートしてくれるという嬉しいサービスなんですよ。

給付金受け取り忘れていませんか?火災保険申請で100万円~200万円を受け取る

 

【家調(いえちょう)】は、こんな方々におすすめです。

□ 目に見える被害は見当たらないけど、一度調査をして欲しい。
□ 台風や雪の重みで、雨どい・屋根が歪んでいる。
□ 落雪などで外壁がへこんでいる・亀裂ができた。
□ 一度請求したけど、請求漏れがないか再調査をして欲しい。

 

「台風」「雪」「雨」「落雷」「ヒョウ」

こういった自然災害というのは“突発性の事故”と同じで、ご加入中の火災保険・地震保険の給付金対象なんですよ。

 

既に修繕が終わっていても火災保険の請求ができるようです。

築年数が古いから「経年劣化」と諦めていましたが、火災保険・地震保険の給付金が貰えるならそれを使って修繕したいですね。

 

ちなみに調査によって、「約8割の家で保険がおりた」そうです。

これは期待大です(^^)

早速、無料調査を依頼してみます。

火災・地震保険申請サポートの家調

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました